過度のストレスを受け乾癬を発症するケースが多い

過度のストレスを受け乾癬を発症するケースが多い

乾癬ストレスとには密接は関係があるとされています。

 

過度のストレスを受け、
乾癬が発症したケースが多く確認されています。

 

「ストレス→自律神経のバランスを崩す→乾癬発症」
というロジックが考えられます。

 

乾癬にかかりやすい人には、
まじめな性格の方が多いといいます。

 

仕事熱心で、責任感が強く、
つい無理をしてしまうタイプの人です。

 

無理をしてストレスを溜めてしまいます。

 

実は、私もそういう性格でした。

 

完全主義者的なところもあり、
全部終わらないと気が済まない性格でした。

 

だから無理をしてしまいます。

 

無理をすれば、
過度のストレスを溜めることになります。

 

ストレスが続くと、
交感神経が強く刺激され、
交感神経と副交感神経のバランスが悪くなり、
自律神経を乱す原因になります。


「ねばならない」と執着をなくし乾癬が好転した

マイペースで仕事に取り組むコツとして、
「ねばならない」という執着をなくすと良いようです。

 

私は、これで大分改善をされました。
乾癬の症状が好転するきっかけにもなりました。

 

人間には「MUST人間」と「WANT人間」がいるといいます。

 

MUST人間の特徴は、
頭の中を、「しなければならない」という考えがしめています。

 

行動も「自分が何をすべきか」ということが基準に置かれています。

 

「しなければならないこと」が優先され、「したいこと」を後回しにします。

 

そして、MUST人間は自分があるべき姿を大事にし、
たとえ本意でなくとも、自分に期待された行動をとる傾向があります。

 

これでは神経が疲れてしまい、
ストレスが溜まり、
健康に良いわけがありません。

 

乾癬を改善させるのであれば、
断然、WANT人間になるべきです。

 

WANT人間を実行してみると、
WANTの生き方がいかに楽か、
心身に心地よいかが分かります。

 

そして、今までのMUSTの生き方が、
いかに窮屈で不自然であったかに気付くと思います。

 

仕事のできる人、
責任感が強い人、
上昇志向が強い人は、
MUST人間だと思います。

 

自律神経のバランスを保つに、
少しずつでも良いので、
WANT人間に切り替えてみると良いと思います。

 

そして、時折休憩を取ることを心がけながら、
マイペースで仕事に取り組めむことが大切なようです。

過度のストレスを受け乾癬を発症するケースが多い関連ページ

乾癬の症状が良くなった
乾癬や慢性の皮膚病の治療に関するコラムです。医学的にどうの?ではなく、なぜ、そういう症状が出ているのか?どうしたら完治するのか?そのこと考えてみたいと思います。
乾癬は赤血球の排泄作用
現代医学の対処療法では乾癬は治りません。それは、乾癬の症状を起こしている原因が赤血球の排泄作用だからです。皮膚病ではないことに気付くと乾癬の症状が好転します。
便秘解消で乾癬の改善が望める
乾癬の症状が赤血液の排泄現象だとすれば、便秘解消で乾癬の改善が望めると考えます。
ゲルマニウム温浴は乾癬に効果的か?
乾癬が内臓機能が低下したことで、皮膚を通して赤血球の排泄を行った現象だとすれば、ゲルマニウム温浴は乾癬治療に効果的だと思います。マイナスイオン作用で肌が綺麗に。
自然治癒力を高め乾癬を治す
薬に頼らずに、自然治癒力を高めることが乾癬を治すポイントです。まずは、生活を自然のリズムへのせることから。