薬へ依存しない

薬へ依存しない

西洋医学では、乾癬は治らない原因不明の皮膚病とさえいわれています。一般的治療方法としては、ステロイド剤、免疫抑制剤、抗ヒスタミン剤、その他薬剤が使われます。

 

しかし、表面的な治療方法だけでは、乾癬を治すことは難しいようです。一時的に乾癬が好転しても、結果、悪化する場合もあるようで、ステロイド剤を長期に渡って使用していると、皮膚の黒ずみ、全身のだるさ、かゆみなど、苦しみがひどくなる場合もあるようです。

 

免疫制御剤を使えば、免疫力はさらに低下し、乾癬自体も治りにくくなるという悪循環も懸念されます。

 

薬剤だけを頼って、薬剤に依存しないようにし、自分で治そうという気持ちを持つことが大切です。

病院や薬に頼らないで自分で治す意思を持つ

どんな病気にも言えることですが、
「自分で治す」という気持ちが大切です。

 

病院や薬に依存をするのではなく、
あくまでも病気を治すのは自分だと、
強く認識することが重要です。

 

その上で、医師の指導を受けたり、
自分で乾癬治療の情報を集めてみると良いと思います。

 

難病と言われる乾癬の原因は何か?

 

乾癬の症状が好転しないのなら、
今一度、そのことを考えてみると良いと思います。

 

>>乾癬の症状が良くなった