自律神経の乱れが乾癬の原因か?

自律神経の乱れが乾癬の原因か?

■自律神経の乱れが乾癬の原因か?

 

自律神経は交感神経と副交感神経からなります。自律神経が身体の臓器や器官をコントロールしています。この2つは、車のアクセルとブレーキのような働きをします。片方が興奮すると、もう片方が働きます。交感神経は活動するときに働き、副交感神経は休息をするときに働きます。

 

ストレスなどにより、この2つの神経ばバランスが崩れると様々な病気を引き起こすといわれています。病気は人の一番弱い箇所にでます。乾癬は、このバランスの崩れが皮膚に出た病気ともいえます。

 

>>ストレスが原因?

 

自律神経を正常に働かせるには、ストレスを解消し、規則正しい生活をすることが一番大切です。食生活の改善やしっかりと睡眠をとることに気をつけてください。温浴も効果的です。

リラックスするように心がけた

交感神経が緊張しがちは現代人は、
自律神経を乱し体調を崩すケースが多いようですが、
自律神経の乱れを治す薬はないようです。

 

しかし、副交感神経を上手に作動させることで、
自律神経のバランスを回復させることができます。

 

私の場合は入浴方法を変えることが有効でした。

 

天然鉱石や有機ゲルマニュウムをお風呂に入れて、
ゆったりと入るようにしていました。

 

マイナスイオンが自律神経に働きかけ、
崩れたバランスを調整する効果があるそうです。

 

副交感神経が働きだし、
自律神経が正常化すると、
神経やホルモンのバランスがとれ、
身体の細胞が活性化します。

 

すると、
血液がきれいになり、
酸性に傾いている血液は、
弱アルカリ性(正常)となります。

 

老廃物が排泄され、
内臓の代謝が良くなり、
結果、自己回復力が増します。

 

病状の好転が期待できます。